リウマチ 検査

スポンサードリンク

リウマチ 検査といえば、まず、一般的に、「リウマチ」というのは、関節リウマチです。関節炎ですね。実際に関節リウマチ患者におこるのは、特に滑膜がおかされる「滑膜炎」です。これが厄介なんですね。どちらかというと、関節リウマチ患者には女性が多いです。

スポンサードリンク

リウマチ 検査のとっておきな情報

関節リウマチの初期には朝のこわばる症状が出現します。まず、朝起きてから、手をにぎることが困難なんです。文字通りこわばっているんですね。これは大変なことです。体の自由が利かないわけですから、それだけで、精神的にも大きなプレッシャーとなってしまいます。

リウマチ 検査とは

リウマチ 検査・・・大変なのが、朝食の準備ができなくなってしまうんですね。それも体が動かなければ、仕方ありませんよね。こまごまとした生活に支障を来すことに なるんですね。ところが、昼頃にはたいてい改善しているのです。ですから、朝が、大変なんですね。このような症状があれば、注意が必要です。早めに治療に 取り組みましょう。

専門医に早期に相談してみましょう

夜にもこわばりがあるという例がけっこうありますが、関節リウマチとの因果関係は不明のようです。でも、万が一ということもあります。専門医に早期に相談してみましょう。

進行すると、関節痛がおこるようになります。初期は手の指の関節や足の指の関節に違和感が現れ、体が痛くて、自然に動かせなくなってしまい ます。このようになる前に、適切な治療が大切です。このような、典型的な関節炎の症状のほかに、関節リウマチは慢性に続く炎症なので、全身倦怠感とか、疲 労感を持つようになります。ここまで来てしまわないようにしましょう。でも、もし、悪化していくようでしたら、主治医に早期相談してみましょう。早けれ ば、早いほど、治療も比較的簡単ですし、最悪の事態には至らないでしょう。

早期での検査が大切

関節炎が進行すると、関節が変性して行きます。関節にある滑膜細胞の増殖、軟骨の破壊と骨にはびらんが出てきます。最終的には関節という構造物が破壊され てしまい、骨と骨が直接接した強直してしまいます。こうなるともはや関節は動きません。でしから、早期での検査が大切なんです。

もし、硬直したら

もし、硬直したら・・・意外にも、炎症も終息し痛みは感じない状態です。また、逆に関節が破壊された結果だらんだらんになることもあります。しかしここま で来ないうちに、なんとか手を打つべきですね。こうなってしまっては、はっきり言って「手おくれ」です。やはり「放置」は良くありません。「そのうちに治 るべ」などと、安易な気持ちはいけません。異常を感じた時点で手を打ちましょう。

早期に治療しましょう!

リウマチ 検査・・・ほうっておくと、筋肉と骨とをつなぐ腱の周囲に炎症がおこり、腱断裂してしまいます。これは突然発症て痛みがないのです。腱が無くなれば、まさにそれに連続する筋肉を動かすことが出来なくなってしまいます。早期に治療しましょう!

リウマチ 検査

最終的に、指の骨が強直すると、スワンネック変形、ボタン穴変形といわれる良く見る関節リウマチ患者の手の形になります。関節の脱臼が原因なんです。このようにならないために、早期発見、治療で防ぎましょう!。

プライバシーポリシー