精神安定 ハーブ

スポンサードリンク

精神安定 ハーブといえば、まず、精神安定剤は、極力使用しない方がよいのですが、症状が進行すると、服用しての長期戦となってしまいます。できることなら、身近な環境の工夫によって、改善したいものですね。そのためには、ハーブがイチオシです。

スポンサードリンク

精神安定 ハーブのとっておきな情報

精神安定剤を使用すると、体を動かさないようにする薬があるために、本当に「患者」になってしまいます。もちろん、精神安定剤にも、強い薬と弱い薬があります。入院しないで改善させたい場合、やはり、今の環境を見つめなおして見ましょう。

精神安定 ハーブとは

精神安定 ハーブ・・・ハーブは、どうして、精神安定に良いといわれるのでしょうか。実は、特にヨーロッパでは、薬用の薬草やスパイス等として有用な植物とされてい るのです。すなわち、「天然の薬」なんですね♪。日本ではまだまだなじみがありません。ハーブの「歴史」がないのですね。

「天然の薬」の臭い

ローズヒップは、植物としてはハーブには含まれませんが、実や花弁等の有用部分のみをハーブと呼びます。何となく、匂いがイメージされますよね。「天然の薬」の臭いです。

アロマテラピーが流行ったのは、20世紀に入ってからで、日本への紹介は1980年代以降でなんですね。結構新しいんです。このため、日本人にはまだ、「受け入れられない派」が結構いるのが事実です。

食材としてのハーブ

ハーブはまた食材として味付けしたり、香り付けにも使われたりもします。ここにも、「天然の薬」効果を期待して、そして、工夫されて施されたわけです。食材としてのハーブは、まだまだ、広められてはいません。今後、効果が広まれば、さらに広まっていくでしょうね。

「天然の薬」の代表格「ポプリ」

香りを利用する方法としてはポプリ等の利用が有名です。ポプリといえば、かなり、独特の臭いですよね。これもまた、「天然の薬」の代表格ですね。この「香 り」は、目に見えません。見えない力が、人の身体の健康をも左右するのです。現代の病「心の病気」の治療に効果が持てそうです。

流行りの「アロマテラピー」

そして、独特の香りの持つ薬効も知られており、現在では、流行りの「アロマテラピー」の中で、注目され、利用されたりしています。これは、近年、本 当に注目されています。実際、効果があるんですね。ストレスの多いこの社会では、心の病が蔓延しています。これらの対策の一つとして、これからますます注 目を集めるでしょう。

アロマセラピー

アロマセラピーは、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を使用して、心身の健康や美容を増進しようと、注目されています。心の病の多い現代 で、今、特に注目されています。アロマセラピーである精油が心身に働きかける経路は二つあります。嗅覚刺激と皮膚や粘膜を通して血流体内に入る経路です。 なので、体の中に確実に入り込んできます。「天然の薬」が身体に入るのです。これは、「服用」していることになります。身近に置いておけば、常に「服用」 しているんですね。強力な助っ人なのです。最近、本当に払ってきました。取り組んでいらっしゃるかたもとても増えています。しかも、かなり、本格的な取り 組みをされています。今後もこの傾向は、当分続きますね。

プライバシーポリシー