自己破産 流れ

スポンサードリンク

自己破産 流れといえば、まず、債務者が経済的に破綻してしまい、弁済期にある債務の債権者に対して債務を弁済することができない状態にあることなのですね。このような状態になったら、所有している財産を、換価等して、債権者に公平に配分する手続きを行うことになります。

スポンサードリンク

自己破産 流れのとっておきな情報

まず、破産の申立てを行い必要があります。債務者の破産手続開始決定を求めるための、裁判所に対する訴訟行為のことです。これで初めて自己破産の手続きが開始されるのです。

専門的な知識が必要

自己破産 流れ・・・基本的には「申立て」→「審査」→「承認=自己破産」と、こんな流れです。書類作成や弁護士依頼する際には費用がかかります。これは、専門的な知識が必要ですので、「経費」として考えましょう。

自己破産の陳述書「一覧表」

自己破産を申し立てる際には、申立てと同時に、財産の概況を書面にまとめて、一覧表を提出することをが求められます。要するに、現在の、財産すべてを記載しなければなりません。この書類は、専門家に相談しましょう。素人ですと、窓口での、トラブルの原因にもなりかねます。

申立書と、あと、陳述書も作成することになっています。この陳述書が「一覧表」のことです。この陳述書は、判断の基準として証拠としても用 いられるために、重要です。全て真実を記載する必要があります。これらは裁判所へ提出する「公文書」です。虚偽の記載は、法で罰せられます。

破産手続の費用を事前納入

ほとんどの裁判所では、自己破産等を申し立てる際に、破産手続の費用を事前納入するよう要求されます。この予納金は官報公告の費用に充てられ、 20,000円程度が相場です。結構な金額ですよね。ただしですね、管財人が選任される場合は、200,000円程にもなるんですね。また、債務が複数、 多ければ、金額もさらに膨らみます。覚悟が必要ですね。

弁護士報酬として最低20万円以上

破産申立ての手数料として合計1,500円の印紙代のほかに、代理人を弁護士に依頼する時は、弁護士報酬として最低20万円以上はかかります。司法書士に 破産申立書類作成を依頼する場合は、こちらも、15万円以上の報酬を支払う必要があるます。結構な金額ですよね。しかし、この費用は「必要経費」です。素 人では、できません。

自己破産宣告

裁判所は、破産手続開始の申立てがあったれば、途中で、中止の申し立てが認められない限り、自己破産宣告に向けて事務処理が行われます。ここまでくれば、後は、粛々と進んでいきます。「事務処理」が流れていくだけなので。

裁判所での流れ

破産手続開始の申立てがあると、裁判所は、記載内容に誤りがないかを確認したり、内容について事情聴取します。ただし、こうした過程を踏まないで審 理を進める事案もあります。審理した結果、破産原因の存在が証明された場合、裁判所は破産手続開始決定、すなわち「自己破産」となります。破産手続開始決 定は、原則として、破産手続開始の申立があってはじめてなされるわけです。すなわち、申し立て書類作成や、弁護士費用等をあらかじめ支払って、段取りをつ けてからの処理になります。手持ち金がない状況であるかと思います。しかし、この手続きだけは避けられません。

自己破産 流れ