中学生 おねしょ

スポンサードリンク

中学生 おねしょのお役立ち情報です。

まず、普通は、眠っていても目を覚まします。しかし、起きられないんですね。これは、実は、大人でも起こることなんですね。大人の場合、疲れすぎていたり、飲酒が深かったりすると、起こります。
中学生 おねしょ・・・基本的には中学生ぐらいになれば、自然と治るのですが、なかなか治らない人がいます。そこで、修学旅行のときは、おむつを持たせるとよいでしょう。ただし、おむつを処分するごみ箱を、事前に確認させておいてくださいね。

ヘチマがおねしょ改善に効果があると聞いたことがあります。調べてみてはいかがでしょうか。通常、大きくなるにって治るのですから、まだ、成長の過程である証拠です。小学生とか、中学生の区別はないんですよね。
小学校の高学年ぐらいになると、なかなか治らない本人が気にするようになります。でも、もし、焦っている様子があれば、逆に「大きくなるにつれて必ず治る」と周囲で言ってあげましょう。本人が気にしていますので、周囲のフォローがとても重要です。実際に「大きくなるにつれて必ず治る」のですから。


体の中に、機能をつかさどるのが外括約筋という本人の意思で収縮できる筋肉が肝です。ここが、成人してないのですね。身体のことですから、「気長に」成長を待ちましょう。逆に、身体が成長すれば、必ず治るのですから、本人や、ご家族の皆さんは、この「外括約筋」について良く理解しておく必要があります。「また布団汚して!どうするのよ!!」と、頭ごなしに叱るのは禁物です。たとえ、ご家族でもひやかしたり、叱責するのはやめましょう。「協力」する姿勢が大事です。
眠っていたまましてしまいたい身体と、目を覚ましたい精神との格闘ですね。なかなか治らなくても、とりあえずは、毎晩、眠る前に「今日は気をつけよう」などと、意識してみるのも有効だと思いますよ。「気にする」のではなくて「意識」するのです。

精神・神経の成長するにつれ、催して目が覚めるようになったり、夢の中でしても、起きてみてもしなくなるものです。がまん訓練も有効です。量は、6〜7歳で150t、8〜9歳で200t、10歳以上で250t以上はためられるように「訓練」します。これは、「意識」が芽生えます。
メカニズムがまだ出来ていないからであって、無理に、できないことをしようとしても、できないことはできません。要は、メカニズムができるまで、「待つ」ことですね。おねしょの治療の生活指導は大切です。おこさずに、あせらずに、しからずに。代表的な薬は、三環系抗うつ剤、DDAVP点鼻療法があります。内服薬としては、バップフォーとポラキス、ブラダロンとプロバンサインという薬も用いられます。