披露宴 プログラム

スポンサードリンク

披露宴 プログラムのお役立ち情報です。

結婚式の衣装について、キリスト教式の場合は、新郎はモーニングコートかタキシード、新婦は純白のウェディングドレスを着るのが一般的です。中座して、和装から洋装へ、またはウェディングドレスからカクテルドレスへ着替えます。でも、服装なんて、本人のお好みでいいと思いますよ。
まず、お客は入場したら、受付で渡される席次表に従って着席しますが、席次は、なかなか難しいんですよね。誰かの方が、上座にいるべきとが・・・この部分が嫌なところですが、事前によく考えましょう。整理していけば、良い方法がきっとありますよ。

披露宴 プログラム・・・基本的には、新郎新婦入場からはじまって、開宴の挨拶、新郎新婦の紹介、主賓の祝辞、乾杯、ウェディングケーキ入刀、食事の開始とお色直し ,祝電の披露,キャンドルサービス キャンドルリレー、来賓の祝辞、余興、両親への花束贈呈・手紙朗読、両家の謝辞・新郎新婦の謝辞,閉宴の挨拶・退場・見送りとまあ、こんな流れですね。
新郎新婦入場は、一番の、魅せ所ですね。自分の、オリジナル性があれば、演出に使えます。ちなみに、私は、消防団の、パフォーマンスで入場しました。ちょっと変わった入場方法も度肝を抜くようで楽しいですよ。生涯、忘れられませんね。ただし、マナーとルールは守りましょう。お客様に「不快感」を与えるのはNGです。


緊張感は、最高潮ですね。大勢のお客様をご案内して、大切な一日の時間を割いてお集まりいただいています。くれぐれも失礼のないように、おもてなししたいものですね。
開宴の挨拶は、新郎新婦が高砂に着席し、会場が静まったところで、司会者が簡単な自己紹介のあとに、開宴の挨拶を述べるのが一般的ですね。

新郎新婦の紹介・・・ここは、重要で。親戚の皆さんは、全然知らないんですね。二人の略歴、家族、なれそめなんかを紹介して、お客様に今後の支援と指導をお願いする最初の場面です。媒酌人を立てない場合には、司会者が行うのが一般的です。っていうか、最近は、ほとんど、仲人いませんから。本来の姿でしょうね。
主賓の祝辞・・・主賓が来賓を代表して祝辞を述べる場面です。新郎側並びに、新婦側から、それぞれ一人ずつ祝辞を述べることもあります。新郎新婦は起立して挨拶を受けるのが、礼儀ですが、着席を求められたら、応じましょう。乾杯・・・グラスに注がれたシャンパンをもち、一同起立します。乾杯の音頭は主賓の次席もしくは年長者がとります。簡単な挨拶ののち「乾杯」と発声、唱和します。グラスを空て置き、拍手するのがマナーです。乾杯のあいさつは、くれぐれも、短くしないと失礼になりますので、注意しましょうね。ウェディングケーキ入刀・・・新郎新婦が、ウェディングケーキに入刀します。「カメラをお持ちの方は前にお進みになって撮影してください」と勧めますが、カメラ付き携帯電話をもって殺到しないよう注意が必要です。でも、このケーキ、とても大きくて素晴らしいですよね。しっかりと目に焼き付けておきましょうね。食事の開始とお色直し・・・まず披露宴は一段落したら、新郎新婦はお色直しのため一旦退場します。お客様は食事を始め、歓談を楽しみます。ここが、ポイントです。できるだけ、たくさん飲んでもらいましょう。お酌できる人は、どんどん勧めるのです。飲み足りなかった印象が残らないように。後は、二次会ですね。