農業用 発動機

スポンサードリンク

農業用 発動機のお役立ち情報です。

農業用 発動機・・農業用発動機は、かつて、日本で、田畑を耕すために牛や馬を使っていた時代から、灯油や、軽油を燃料にしてエンジンの役割を果たすための、当時としては、驚くほど、画期的な機械だったでしょうね。

農業用 発動機がなぜ必要か・・・牛や馬を歩かせて耕していたことは、現代では想像もつきませんが、実は、大昔のように思えますが、今、健在の高齢者は、若い頃の記憶に鮮明に残っていることでしょう。


農業用 発動機・・・いろいろな機械が登場するのは、戦後になってからなんですね。それまでは、日本中、自動車を始めとして、機械は身近にはありませんでした。
農業用 発動機のような便利な機械・・・きっかけは、終戦でしょうね。外国の技術が日本にも浸透してきて、そして高度成長時代へ突入します。こうなれば、競うように便利な機械を生産するようになるんですね。

だから、土地をもっている農家は、強かったのです。水田を作っていれば、とりあえずは、食べるのには困りません。 野菜を作って売れば、結構な値段で売れる時代でした。だからこそ、この農業用発動機の登場は、手動から、自動化となる、「原点」であったのです。

農業用発動機は、「エンジン」です。 ここに、タイヤを2つつけて動きそうなものをくっつければ、今で言う「耕運機」に変身します。又、ベルトを使って脱殼機等も動かせるんです。現代では、農業をする際、今でこそ、単体でのトラクターやコンバインはあたりまえの時代ですが、当時としては、農業用発動機の登場で、どれだけ楽になったことか・・・。本当にすごいことだったんですね。農業用発動機は、機械本体がとても大きいんです。持ち運びが大変なんですね。だから、持ち運びが便利な形を求めて、小型エンジン付きの形態に移行しました。実は、私も、子供の頃、古い倉庫の中に、大きな農業用発動機があるのを覚えています。もう、その頃は、実際には使っていませんでした。メンテナンスすれば、動くのでしょうけども、いつのまにか、処分してしまったようです。それで、今、この農業用発動機が、ひそかなブームとなっています。確かに、昔懐かしい、骨董品ですね。あの大きな農業用発動機を見ると、それこそ、タイムスリップした気分が味わえます。農業用発動機を展示したり、試運転したりとかの催し物も結構あります。 昔懐かしい、農業用発動機を見て、心の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。