his ホノルルマラソン

スポンサードリンク

his ホノルルマラソンのお役立ち情報です。

his ホノルルマラソン・・ホノルルマラソンは、毎年、12月の第2日曜日に、アメリカ、ホノルル市で開催されます。私も、いつか出ようと思います。それで、ホノルルマラソンは、ニューヨークシティーマラソン、ボストンマラソン、シカゴマラソンと肩を並べる、「4大」大会です。私の知り合いも、このマラソンに何度か出場している人がいます。本当に走ることが好きな人で、いつも、とても明るくて、健康的な方です。やはり、マラソンには「元気」の源があるのかもしれませんね。

his ホノルルマラソンがなぜ必要か・・・ホノルルマラソンのすごいところは、時間制限を設けていないことですね。7歳以上の健康な人なら誰でも参加できるんですね。健康のために走ろう!って方には、おススメです。実は、私もマラソンが好きで。と言っても「ジョギング」程度ですけどね。でも、これが、健康にとても良いのですね。マラソンを本格的にやろうとすると、どこかで挫折してしまいます。健康のために、できる範囲で取り組もうと思えば、意外と長続きするものです。無理をせずに、マイペースで、マラソンを楽しんでみませんか。


his ホノルルマラソン・・・コースは、42.195km のフルマラソンコースで、アラモアナ公園をスタートします。カピオラニ公園がゴールです。途中、きれいな景色を眺めながら、楽しく走れます。
色々なツアーがあります。よく、内容を検討しましょう。良いところ、悪いところ、イメージしてみましょうね。ホノルルマラソンは、4時間、5時間、6時間、と、それぞれの目標を設定して、完歩目指して頑張りましょうね!。

フルマラソンだけではなく、車いすマラソン部門もあります。すごいですよね。さらには、フルマラソンスタートの約25分後にスタートして、カピオラニ公園までのおよそ10kmを歩くレースデー・ウォークもおススメです。楽しく走りましょうね。大会前に、ホノルルマラソン・エキスポが開催されます。 以前は小さな規模でしたが、お店でグッズなんかを販売しています。これは、色々あって楽しめますよ。せっかく本場の雰囲気が味わえるのであれば、ホノルルマラソン関連のグッズを集めてみてはいかがでしょうか。良い思い出になりますよ♪ホノルル マラソンの費用は、旅費が通常の旅行と同じですが、パック旅行もあります。 あ、それと、ホノルルマラソン・ルアウという、前々が開催されます。場所は、ゴールに近いワイキキ・シェルです。バイキング方式で飲み物もとてもおいしいとのこと。でも、走る前なので、ほどほどにしないといけませんね。2008年12月14日の大会で36回目を迎えました。すごい歴史があるんですね。健康に良い、楽しんで走るのが目的という、競技向けのスピードマラソンとは違います。この部分が親しまれるところです。タイムだけを追い求めるのではなく、楽しむことが目的なんですね。そして、何よりも、「観光」がメインです。マラソン選手で、出場した方は、☆ 浅井えり子☆ 有森裕子 ☆ 川嶋伸次 ☆ 谷川真理☆ 野口みずき☆ 早川英里☆ 山口衛里らがいます。実は、私の周りにも参加された人が、複数人います。その中の一人は、マラソンにはあまり興味のない人でした。でも、このホノルルマラソンのエントリー以来、色々なマラソン大会に出場するようのなりました。 マラソンには、そんな、魅力、パワーの、源(みなもと)があるんですね♪