ビニールひも

スポンサードリンク

ビニールひものお役立ち情報です。

ビニールひもといえば、ビニールひもは、古新聞や、紙類を処分する際、良く使用されています。

しかし、これは、実は、リサイクルによくないのですね。わざわざビニール紐をはずして燃やす必要があります。


作業的にも大変ですし、何よりも、そのままリサイクルできないのが、ネックです。そこで、ビニール紐に代わる紙と同等品でできた、紐製品があります。

このような情報はあまり知られていません。いちいち一つずつ備ビニール紐をはずしているなんて。でも、これは、日本中の作業になるとものすごい作業量になります。多くのゴミ焼却施設では、そこまで対応できていません。一緒に燃やしてしまうことが多いでしょう。なので、今後は、このビニールひも代替製品がどんどん登場することが、この問題の解決策になるでしょうね。

リサイクルを、もっと簡単に行ないたいものです。ビニールひもは、確かに便利です。何かをまとめるには、本当に重宝です。でも、リサイクル向きではありません。新聞紙や衣類を束ねても、種類が違うため、リサイクルにならないのです。リサイクルを、もっと簡単に行ないたいものです。ビニール紐に代わる紙製品の紐がもっと普及して欲しいと願いますし、もっと身近な製品として色々なところで便利に使用したいものです。そのためには、現状を、知ってもらうように努める必要があると思うのですね。このような現状を考えますと、ビニール紐は、リサイクルに不向きということです。ビニール紐を使用するとき、多くは、紙類とか衣類とか、あと、ダンボール類については、ほぼ全員が、ビニール紐を使用していますよね。レサイクルに取り組んでいて、実は、レサイクルとは、反対のことをしているなんて、ちょっと変といいますか、ビニール紐だけリサイクルから仲間はずれでは、ビニール紐がかわいそうですよね。再利用できる方法を検討すべきだと思いますね。ビニール紐ってとても便利なんですよね。色いろな種類のものを縛れますし、丈夫であり、使い勝手に優れています。しかし、前述のとおり、リサイクルには不向きというデメリットがあるのも、また事実であります。このことを踏まえた上で、私たちは、これから、ビニール紐と付き合っていく必要がありますね。ビニール紐は、リサイクルには不向きであるということを念頭に置きながら、梱包作業をしましょうね。それから、ビニール紐には、いくつかの色があります。白、青、黄色、赤の四種類が一般的です。上手に使い分けしたいものです。背景色を考えながら使用することがポイントですね。黒っぽい建物とかでしたら、白が目立ちますし、明るい場所でしたら、黄色がオススメです。良く登山道の案内にも、使われていますね。山で目立つ色は、やっぱり、赤ですよね。このように、便利なビニール紐を、再利用できるように、各々が、たくさんの智恵を出し合いましょうね。そして、子供たちや、これからの人達へ、住みよい地球の環境を守れるように、努力していきましょう。