災害伝言 携帯

スポンサードリンク

災害伝言 携帯のお役立ち情報です。

災害は、忘れたころにやってきます。「準備」大事ですね。災害時、頼りになるのが通信システムです。災害伝言 携帯 「いない」と覚えましょう。番号は「171」です。地震等で災害に遭われたら、電話で伝言を預けることができます。ご家族の中でも必ず、確認しておきましょう。何か起こる前に、万全の態勢で備えておきましょうね。備えあれば、憂いなし!!ですね。

このようサービスがあることは知っているかもしれませんが、実際に使い方を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。一度、試しておくことをお勧めします。


災害になったら、家族や親戚、友人知人が、本当に心配します。そんな時、このサービスを知っていれば、とても便利に使用できます。そんな緊急時の連絡手段の利用ノウハウ等をまとめてみました。先ず、携帯電話は、ソーラーシステムによる充電が可能になっていますので、コンビニでも入手できるようになりましたので、お手元に置いておきましょう。重宝しますよ。

先ず緊急時、実際に災害にあった場合、ご自分の身体が安全であれば、次にご家族全員の無事を確認してください。このとき、色々な情報が歩日かいますので、ご自分の目で、ご家族全員が無事であることを確認する必要があります。

遠くにいるご家族は、電話で状況を確認しましょう。このときです。「171」の「いない」の出番です。電話で「171」を押して捜査してみてください。操作方法は、ガイダンスのアナウンスが流れますので、それに従ってください。

家族にも、「171」のサービスを教えておきましょう。そして、携帯電話の電話帳に登録しておきましょう。できれば、一度、試験で使用してみましょう。一度確認できると、次からの操作が楽にできます。ただし、災害時には、携帯電話も使用できなくなる可能性があります。一斉に通話すれば、回線もパンクしてしまいます。そのため、とっておきのノウハウをご紹介いたします。インターネットを使うのです。インターネットで複数のメールアドレスがあれば、リスクが減ります。ネットに接続したパソコンさえあれば、困った時には、信頼できる人に、メールを入れるのです。または、「無事だよ」と一報を入れておきましょう。


できれば、携帯電話の電話帳に登録しておくことをオススメします。新規スレッドをつく作成して、電話帳検索のトップ画面に表示される状態で家族内で統一しておけば、とても安心です。できれば、一度は練習として、試験利用してみることをオススメします。一度利用してみると、その便利さが良くわかりますよ。


さて、こんなこと言っては、怒れられそうですが、実はこの、171の災害伝言ですが、無料にして欲しいと思います。NTTの台所事情はわかります。これだけ色々な携帯電話が普及してますからね。一般電話は、どんどん解約されてきましたからね。ただ、緊急事態の対応という考え方からすると、やはり、通話料を完全に無料にしていただきたいと願うのです。皆さんもそう思いませんか。天下のNTTですよね。災害を名目に料金を徴収するというのは、ちょっと、いまいち納得ができないように思うのですね。まぁ、今すぐというわけでもないので、ぜひ、ひとつ、ご検討いただければと感じましたね。