軽井沢 陶芸

スポンサードリンク

軽井沢 陶芸のお役立ち情報です。

軽井沢 陶芸・・・軽井沢には、陶芸を体験できる施設が沢山あります。軽井沢町だけではなく、隣の、北軽井沢にもまた同じように陶芸を体験できる施設があります。北軽井沢は、群馬県妻嬬恋村に入ります。このサイトでは、そんな、軽井沢の陶芸についてまとめてみました。どうぞご活用くださいませ。

まず、イチオシはこちらです♪「蔵古」です。長野県軽井沢町にあります。ここのオーナーは「軽井沢をこよなく愛する」方です♪そんな、人間味あふれる方に教えていただけるなんて、とても、幸せですね。


軽井沢って、なかなか素敵な響きですよね。そんなステキな軽井沢だからこそ、似合うのが陶芸です。イメージしてみてください。閑静な別荘地、大自然の中で、素敵な軽井沢の街で、やっぱり、陶芸は、軽井沢身に合うんですね。最初に軽井沢で陶芸を考えた方は、なかなか、先見目がありましたね。

群馬県嬬恋村の「陶工房 美土里の洞」もなかなかの施設ですよ。会員性になっておりまして、ブルーベリーYGHというところが目印です。草津の陶芸家である、山口洋史氏の「美土里の洞(みどりのほら)」がオススメです。

陶磁器には、色々な種類のものがあります。そして、焼き方にも様々な焼き方があります。有名な焼き方や、初めて聞くような焼き方まで、実に数え切れないほどの焼きがあることを発見しました。瀬戸焼をはじめとする日本六古窯がありますね♪

轆轤【ろくろ】と呼ばれる陶芸のツール(笑)があります。この、「ろくろ」ですが、取扱いがとてもデリケートなんですね。ろくろそのものは、何ともないんですけれども、人間の「手」がなかなか機会のような動きができないんですね。


常滑焼ってご存知ですか。実は、私、一番好きなんですね。愛知県にあるんですけど、有名なので、ほとんどの方は知っている(聞いたことがある)と思います。というのは、「日本六古窯」の一つでもあるからです。常滑焼の素晴らしさは、はっきり言って、その「歴史」にあります。常滑焼の歴史を調べると驚きです。何と、平安時代からなんですね。これは、すごいことですよ。そんな、想像もつかない大昔から、現代まで受け継がれているのですから。その魅力は、はかり知れません。軽井沢の陶芸も、そんな歴史が刻まれれば、後世に伝統として伝えられていきますね♪


軽井沢陶房は、軽井沢町にあります。とても魅力的なところです。ぜひ、一度訪問してくださいませ。お勧めです。陶芸教室がありまして、とても楽しく活動しているようですよ。陶芸に興味のある方は、一度、連絡してみてください。きっと、素敵な出会いがありますよ♪さて、「陶芸」ですが、焼き物といえば、軽井沢です。でもね、長野県の焼き物は、軽井沢だけではなく、軽井沢の近くに、東御市、北御牧の「芸術むら公園」にもイチオシな焼き物施設があります。ぜひ一度ご訪問くださいませ。なお、どこの焼き物施設、教室に共通していることですが、事前に、電話で連絡して予約してから行動しましょうね。マナーと、エチケットをお大事にしましょうね。