市川 梨

スポンサードリンク

市川 梨のお役立ち情報です。

市川 梨は、とても有名です。千葉県市川市の梨の生産は、その歴史が「名産」を証明しています。

梨といえば、一番おいしい梨は、何といっても、あのみずみずしい「シャキシャキ感」です。あとは糖度ですね。この二点がそろっていて、更に付け加えるとすれば、大きさですね。これは、大きいことに越したことはありません。


しかし、あまり大きすぎると、甘味がなくなってしまうように感じますね。これは、種類によるものかもしれません。他の果物や野菜なんかもそうですよね。あんまり大きすぎると、味が、大雑把になってしまうように思います。

おいしさを追及するには、やはり、あまり大きすぎず、もちろん小さすぎては、寂しすぎます。「中庸」が一番ですね♪梨をはじめとする果物で、とてもおいしいのは、やはり、普通大の大きさですね。果実が引き締まっていて、うまみが凝縮しています。梨は特にみずみずしさが命ですからね。

さて、市川市の梨の歴史は、どれくらいあるのでしょうか。およそ200年の歴史と言われています。一口に、200年の歴史といっても、ピンと来ませんよね。はっきり言って、気の遠くなるような期間です。すごいところは、おいしい味の梨の、その歴史を継承し続けていることですよね。

ご先祖様代々受け継がれている、市川の梨の味をよく守り続けていますよね。さて、そんな市川の梨ですが、オススメな種類は、「新高」です。この梨は、なんと正月まで保存が利くそうです。これはすごいですよね。お正月に梨を食べられるなんて、漬物でもあるまいし、信じられませんよね。でも、本当なんですね。市川の梨は、こんなすごい種類の梨を生産しているのですね。


あと、「幸水」がオススメです。「幸水」という梨は、その名のとおり、とてもみずみずしいんですね。そして、とても甘いんです。保存性は高くはありませんが、この梨か一番人気です。やはり、甘さと、みずみずしさは、強力な梨の武器ですよね。さらに、「豊水」もオススメです。「豊水」は、その名のとおり、水々しさが売りですね。この梨は、とても食感がいいです。ただし、こちらも、保存性はあまりよくありません。


さて、「石井早生」という、一世を風靡した種類の梨の木があります。この梨も、この市川で誕生しています。しかし、そのあとで、新しい種類の梨が、次々と誕生したために、今では、あまり作られていない種類の梨です。梨の種類は、これまで、改良されてきて、現在の種類となりました。たくさんの種類があるんですね。いろいろな種類の梨を食べてみましょう。きっと、市川の梨のおいしさが身にしみると思いますね。まだ、食べてない方には、ぜひ一度、市川の梨を、オススメします。