名刺 フリーソフト

スポンサードリンク

名刺 フリーソフトのお役立ち情報です。

名刺 フリーソフトの名刺 作成 フリー ソフト。名刺 フリーソフトのお役立ち情報、最新情報やフリー ソフト 名刺などの特集と、名刺 管理 フリー ソフトや、名刺 作成 ソフト フリー ソフトについての、フリー ソフト 名刺 作成に関する最新情報

名刺 フリーソフトは、私が使っている名刺のフリーソフトは、「筆ぐるめ」です。この名刺のソフトは、とても便利です。住所の一括管理から、画像の管理まで、してくれますので、年賀状を作成するのには特にオススメです。


名刺の作成ですが、やはり、画像を最低一つは入れたほうがインパクトがあります。ただし、あまり派手にならないようにしましょうね。あくまでも、きれいな画像を使用することが基本です。この、画像も、筆ぐるめで加工できます。

色々な機能もありますので、色々といじってみるところから始めます。それで、はじめだけ、ちょっとだけわかりにくいんですね。慣れてしまえば、いろいろな種類の名刺が作成できるようになります。

まず、レイアウトですが、文字はあまり大きくならないようにしましょう。見本を手元に置いて作成していくと良い名刺ができると思います。私がそうでしたが、文字が大きいほうがわかりやすいと思いついつい大きな文字で作成してしまうんですね。ところが、印刷してみると、名刺としてちょっと変なんですね。

名刺は、渡す相手に見ていただくためにあるものです。自分が見るためではなく、相手に保管していただく、自分の「顔」です。失礼のないように、レイアウト等を考えながら、作成する必要があります。


それから、できるだけ、オリジナルな名刺の作成に心がけましょう。個性が名刺に反映されれば、印象も違います。あと、話はちょっと、それますが、名刺の受け渡しは、必ずたった姿勢で行なうのがマナーです。相手が誰でもです。


それから、名刺が汚れていたり、折れていたら、渡してはいけません。お詫びしましょう。財布やポケットに入れておいて、曲がってしまったら、使わないようにしましょう。相手に失礼になります。注意が必要ですね。名刺を交換するポイントは、名刺入れですね。清潔感のある名刺入れを選びましょう。ビジネスの基本です。名刺入れは、黒か茶色の落ち着いた色がおススメです。名刺入れに、いきなり真赤の名刺入れでは、相手が驚いてしまいます。控え目にすることがコツです。それでは、名刺入れを作成するとき、まず、名刺の台紙を購入します。この名刺の台紙がお金がかかるところです。ミシン線がはいっていますが、切らないでください。印刷してから、切り取る仕様になっています。あと、印刷する際は、試し印刷で、普通のコピー用紙をはじめに印刷します。ここで、印刷状態が悪い時は、安易に妥協しないでください。あくまでも、人様へお渡しする大事な名刺であることを忘れないでください。ちょっとでもよごれていたら、ヘッドクリーニングしてくださいね。「これでいい」状態になったら、印刷します。さごに、台紙の切り取り作業は、丁寧に、工夫して行いましょう。さあ、貴方も、ご自分で、パソコンとプリンターで、ご自分の名刺を作成してみませんか。