牛とろフレーク 販売店

スポンサードリンク

牛とろフレーク 販売店のお役立ち情報です。

牛とろフレーク 販売店・・・テレビで紹介されたら、すぐに、注文が殺到して、牛とろフレークがなくなってしまいました。牛とろフレークなどを紹介しますよ!

私もおいしそうなので、食べたかったのですが、あちこち探しても見つかりませんでした。そんな牛とろフレークですが、言葉を整理すると、牛肉のトロの部分の食べ物ですよね。これって、珍しいですよね。


さて、そんな、牛とろフレークのできるまでには、色々な工程、生産者の熱い思い入れがあるのです。

まず、土への熱い思い入れ、こだわりがあります。何と牛とろフレークは、科学肥料を、使用しないように考えて開発してきました。なので、できるだけ抑えてあります。そして農薬は、一切使用していはません。完全無農薬製品なんです。これは、農薬を使用した場合、土中にいる、活躍中の微生物の大切なバ ランスが壊れてしまう恐れがあるためです。だからこそ、土壌がとても健康かつ安全なんですね。ここで大事なことは、人間なんかも同じですが、生き物は、その生物の環境によって、その健康が大きく左右されてしまうのです。牛とろフレークの、ボーンフリーファームの牛たちがいつも住んでいる土壌には、何と、約100万もの微生物がいます。そして、その微生物が、土壌にとって、程良いバランスを保つことが、病原菌を防いでいるのです。

それでは、生産者の熱い思い入れ、こだわりですが、一番は、牛です。牛は、本来は、草食動物なのです。おいしい草を食べることによって、牛の体内のバランスを保っていると一般的には考えられています。

通常は、肉牛は、穀物主体です。糖質が主体なんですね。これは、肉色が濃くなることを防ぐために、カロチンが豊富である牧草を、わざと食べさせなのです。特定のビタミン類を与えないようにしています。しかし、これでは、本来、健康な牛にとってみれば、たまったものではありません。結果、その証拠として、内臓にストレスがかっていて、レバーが食用にならない牛がいるのです。ボーン フリーファームの牛たちは、このような制限はしてはいません。飼料を自由に食べているのです。だから、肝臓も健康です。


生産者の熱い思い入れ、こだわりは、「餌」です。牛は、植物繊維を採取するために、牧草とポテトパルプを食べます。牧草は、自家生産で、カリウムが多く含まれます。牛たちは、人間も含めてですが、植物繊維をエネルギーに変換する「お腹」にいる、微生物の力で、血と肉と脂に変えてます。


生産者の熱い思い入れ、こだわりですが、「加工」です。これは、衛生面を考えて、肉の外部は、ぱい菌に汚染されています。なので、まずは、清潔なナイフで、丁寧に削り取っているのです。この工程には、特に慎重です。最終的には、80%くらいに減ってしまいます。もったいなですが安全のためです。こんな生産者の熱い思い入れがあるのです。おいしく牛とろフレークをいただきましょうね。さて、牛とろフレーク 販売店を探してみましょう♪