五十肩 ストレッチ

スポンサードリンク

五十肩 ストレッチのお役立ち情報です。

五十肩 ストレッチは、いきなりやったら、危険です。まず、コツは、肩の関節が柔らかくすることがポイントです。五十肩 ストレッチの魅力などを紹介しますよ!

そのためには、固くなった筋肉や、間接をやわらかくほぐしてあげる必要があります。そのためのには、ストレッチ体操がとても有効です。そこで、五十肩のストレッチ体操は、その症状に合わせて、いくつかのバリエーションがあります。


腕が前に上げるときに痛みが出る症状、腕を後ろにするときに痛みが出る症状など、様々なパターン、症状の程度がありまして、一概には言えませんが、五十肩のストレッチ体操を、毎日継続することで、この効果が出てきます。

若かったころの自由な体を取り戻すためのノウハウが、この五十肩のストレッチ体操です。もし、今、五十肩でおなやみでしたら、今から五十肩のストレッチ体操を行うことをオススメします。

この五十肩のストレッチ体操ですが、まずはじめに、準備体操をします。これは、とても簡単で、この準備体操もまた、五十肩の改善に効果があります。はじめに、あおむけになり、両腕をあげたり、床につけたりします。これは、ゆっくりと、丁寧に行うことがコツです。腹式呼吸の深呼吸を一緒に行ってみましょう。効果が倍増します。

ある程度身体が、動いてきたところで、いよいよ、五十肩のストレッチ体操を行います。内容は、本当にいろいろな方法があります。大事なことは、痛みがなくて、無理なく継続でいる方法を行うことです。これは、私の考えなのですが、器具等を使用する方法はあまり、おススメできません。もっと、簡単に肩をやわらかくする方法で行うべきだと思います。


また、五十肩、肩こりの痛みやだるくてつらい症状を緩和し、正常な状態に戻す働きをする漢方医薬品「顧痛」があります。五十肩のだるさや痛みの症状には、漢方薬で効果のある物もあるようですが、併用しながら行えば、さらに良いかもしれません。このようにして、肩をほぐしていき、この柔らかくした状態になれば、しめたものです。あとは、予防体操等がありますので、こちらも継続できる方法を行いましょう。


それから、ツボ押しストレッチとよばれる方法もあります。これは、やり方を十分に調べてから行うべきです。できれば、最初は、鍼灸治療院などで、「ツボ押しストレッチをお願いします」リクエストしてみましょう。そして、そのノウハウを盗むのですね。方法さえ覚えれば、後は、わざわざ、鍼灸治療院へは行く必要はありません。保険がききませんから、本当に高い治療代ですから、後は自分で行いましょう。