新生児 成長

スポンサードリンク

新生児 成長のお役立ち情報です。

新生児 成長について、新生児の成長は、心配ですよね。特に、はじめてのお子様の場合はなおさらです。そんな、新生児 成長の魅力などを紹介しますよ!

命がけで子供を産んで、赤ちゃんができたけど、大きくなるの?とっても不安なことと拝察いたします。でも、このサイトにある、新生児の成長に関するノウハウをご参考くだされば、きっとそんな不安は吹っ飛ぶことでしょう。


それでは、まず、パパ、ママの新生児の成長についての心構えから始めます。まず、良く言われます「夜泣き」ですが、ほとんどの場合が、「お腹減ったよ〜〜!」の信号です。」「だって、夕飯、一緒にミルク飲ませたよ」こう貴女は思うかもしれません。ハイ、確かに夕飯時にミルク飲ませました。でも、それから、もう何時間も経っています。赤ちゃんには、朝、夕、夜は関係有りません。時間がたてば、お腹が減るのです。考えてみてください。小さな赤ちゃんが、唯一、生存していくための栄養が、ミルクです。まだ、何も食べられないんです。すぐにお腹がすくのは当然のことなのです。

ただし、まれに、発熱とか、具合が悪いことの信号の場合もありますので、注意が必要です。夜泣きのもう一つの原因が、「オムツの交換をしてれ〜〜!」という信号ですね。赤ちゃんもこのままでは、気持ち悪くて、放っておくとかぶれてしまいます。赤ちゃんの皮膚はとても弱いので、直ぐに替えてあげる必要があります。赤ちゃんの夜泣きの原因は、大体は、以上のような内容が原因です。赤ちゃんの夜泣きの原因を整理すると、@空腹を訴える信号A発熱や具合が悪いとき等Bオムツを交換して欲しい時の信号の3点です。もちろん、「だっこしてくれ!」って時もありますし、さみしくて泣いているときもありますので、その時のケースによって異なりますので、赤ちゃんの反応を良く見ながら対応しましょう。

くれぐれも、怒らないで下さいね。赤ちゃんが怖がりますから。赤ちゃんが泣くのは、信号の合図なのですね。まだ言葉をしゃべれませんから、赤ちゃんにとっては、唯一のコミュニケーションツールなのですね。だから、赤ちゃんが泣いたら、「パパ、ママが必要だよ!」と赤ちゃんが教えてくれてるんですね。それでは、新生児を抱っこするときの注意事項についてですが、先ず、良く自分に言い聞かせなせなければならないことがあります。それは、新生児は、まだ首が据わっていないのです。なので、決して乱暴な扱いはしてはいけません。「動かせば、崩れてしまう。」そんな思いで抱っこしてあげる必要があります。新生児は、とてもデリケートです。だっこする時は、「何が何でも、絶対に落とさないぞ」って言うぐらいの気概が必要です。

また、自分の新生児なら良いのですが、他人の新生児を抱っこすることは、控えましょう。親戚の新生児についても同じです。もし何かあって、自分の生になったら、困りますからね。それだけ、新生児はデリケートなのです。新生児が誕生すると、産婦人科医院では、しばらくの期間、新生児専用の別室で、外気から、シャットアウトします。ですから、しばらくは、病院へお任せしましょう。母体が元気になるまでは、病院でお世話になるのですね。この期間は、医者と看護婦以外は新生児の専用の部屋へ入ることはできません。バイ菌を中に入れないようにするためです。


実は、かつてノロウィルスやロタウィルスに一人の新生児に感染したら、同室の新生児全員に感染してしまった事例があります。なので、新生児室への入室は控えましょう。新生児室は、一日2〜3会、窓際のカーテンを開放して、「公開」することがあります。このときに新生児の顔を見ることができますので、時間になったら、毎回面会してください。


もう一つ、新生児の注意事項ですが、とても大事なことは、「入浴です。基本的に、毎日入浴させてあげる必要があります。この入浴時間ですが、あまり遅くなると、新生児が眠ってしまいますし、パパやママも疲れていますので、場合によっては、入浴を省略したくなってしまいます。なので、できるだけ、早い時間帯に入れてあげることをオススメします。夕食後、すぐに入浴させてあげるのが理想ですが、入浴が遅くなるようでしたら、夕食の前に入れてしまいましょう。新生児の入浴は、パパ、ママと一緒には入れません。長湯は危険ですので、新生児を洗う係と新生児を受け取る係りに分かれて作業を分業にしておくとスムーズに流れます。間違っても、一緒にお風呂に入って、一緒に出て、しばらく服を着ない状態で放置なんてことだけ早めましょう。特に冬は危険ですので、入浴が終わったら、直ちに、服を着せてあげましょう。新生児のことで、迷ったら、また、このページへお越しください。何度も読み直せば、きっと新生児についての悩みが払拭されますよ。