迷子 ひも

スポンサードリンク

迷子 ひものお役立ち情報です。

迷子 ひもについて、迷子 ひもは、子供の背中の紐をつけて急にどこかへ行かないようにしておくものです。良く考えて作られましたね。そんな、迷子 ひもの魅力などを紹介しますよ!

迷子 ひもは、スキーを子供に教える際、背中に紐をつけてスピードを後ろから調節しながら滑る方法がありましたが、このスキーひもを応用したものです。子供に簡単なリュックを背負わせるようなものです。


この迷子紐、使いやすいようで、なかなか使いにくい面もあります。基本的に普段、ちょっとした外出であれば、必要ありません。迷子紐が必要なときは、ちょっと混雑したところに行ったときです。子供はちょっと目を離した隙に、急に、走り出したりします。ちょっと遠出しちゃいますと、場所がわからないいためとても不安になります。こういったときに迷子ひもは便利です。

あまり混雑過ぎるときは逆に不便です。満員電車をイメージしてみるとわかりますが、迷子ひもが他人にからまったりして、邪魔になります。これは、危険でもあります。なので、迷子ひもを使用するときは、あまり混雑しすぎる場合は避けましょう。

「では、どういったときに迷子ひもを使うの?」こう、貴方は思うかもしれません。迷子ひもを使う時は、「ある程度混んでいたり、子供が急に走り出したりすると危険だと判断される場合」です。このような判断される場合は、けっこうたくさんあります。

迷子ひもを使用していると、周囲の冷たい視線、ひそひそ話が実はとても気になるところです。「人間なのに、犬みたいにひもを使うなんて、子供がかわいそう」「ひどい親だ。子供をなんだと思ってんのかな」などなど、直接言わない人も、「視線」で同様に言っています。この部分は、親のつらいところです。


ただ、子供が、急に走り出したりして、本当に危険な子供がいることも事実なんですね。親の言うことなんて全く聞きません。言い聞かしても、そのときは話を聞いてますが、いざ、外へ出れば、子供の思うままの行動をします。手を握っていても、直ぐに振りほどいて走り出すのですね。これは、親にとってみれば、本当に頭の痛いことです。おとなしい子や、分別のある子であれば、このような悩みは全く感じないままでいます。このため、迷子ひもをしている光景を見ると「ひどい親だ!」となるわけです。こういった周囲の目もあります。


迷子 ひも ・・・また、迷子ひもは、ひもが子供の体に巻きついたり、迷子ひもを引っ張る際、転倒して怪我をする場合などもあります。このため、基本的には、子供とは、手をつないで歩くことが、大原則です。迷子ひもをつけることによって、子供が危険にさらされるのであれば、やはり、迷子ひもを使用する際は、それなりの覚悟が必要です。迷子ひもを持つのは、必要なことだと考えます。でも、先ずは、子供と手をつなぎましょうね。