奈良 観光協会

スポンサードリンク

奈良 観光協会のお役立ち情報です。

奈良 観光協会について、奈良県には、観光名所がたくさんあります。それこそ数え切れません。よく修学旅行で関西方面に行くのが、いまでも主流です。もちろん、奈良県中心ですよね。そんな、奈良 観光協会の魅力などを紹介しますよ!

良県には、お祭りもたくさんあります。談山神社の観音講まつり、若草山の若草山、秋の開山、曽爾高原の曽爾高原山灯り、長谷寺の年末年始行事、三松寺の徹宵坐禅。とまぁ、どれも奈良県を代表とする有名なお祭りです


奈良県の観光名所を探すとき、何と言っても重宝するのが観光協会です。奈良県の観光協会ですね。観光協会といっても、その組織は、色々なパターンがあります。観光協会の事務局を市町村役場に置いて、会員制という形をとり、会長には、その地域のもっとも代表的な人が選出されています。

観光協会は、会員の会費と、市町村の補助金で運営されていまして、事業の主なものは、各種イベントや、先進地視察、総会等に充てられています。奈良県の観光協会の場合も、基本的には、同じ形でしょう。行政の補助金に頼る部分が大きいと思います。

奈良県といえば、たくさんのお寺や、観光名所のメッカですよね。他のと比較して、その規模はとても大きいのですね。観光県なのです。奈良県の観光協会に、問い合わせは、毎日、ひっきりなしに電話が鳴っていると思いますね。パンフレットが欲しい時は、奈良県の観光協会へ電話しましょう。郵送料無料で、色々な種類のパンフレットを送付してくれますよ。

もちろん、これは、奈良県の観光協会だけに限ったことではありません。どこの、県の観光協会も無料で送付してくれます。それが、観光協会の仕事ですからね。観光協会の職員は、地方公務員ではないんですね。観光協会の事務局が市町村役場にあって、そこで市町村役場の職員が事務をするのであれば、地方公務員が事務をしていることになります。ただし、これは、「兼務」ですけどね。


観光協会の本来の姿は、市町村役場に事務所を置くべきではありません。観光協会は、立派な独立運営できる団体なのです。奈良県の観光協会は、全国から、色々な問い合わせや、パンフレット送付依頼がひっきりなしにあります。行政の観光担当者が、兼務で片手間にこなせるような代物ではありません。観光協会は、その地域の「顔」です。受付には、思いやりのある、できた人の配置が絶対条件です。


くれぐれも、トラブルメーカーだけは、観光協会の窓口に置いてはいけません。トラブルメーカーって言いますのは、本来、観光案内などをして、慣れてくれば、その場所での「ムードメーカー」になるのが普通です。ところが、その人は、何をするにつけ、必ず、人とトラブルを起こすのです。自分の立場を全く分かってないのですね。これはもう、どうしようもない致命傷です。このようなトラブルメーカーだけは、観光協会の窓口に置くのは絶対にやめましょう。もっと適任者がたくさんいますから。これは、私の市の、昨年までの、本当にあったことを大暴露した話です。事実です。でも、奈良県の観光協会は、とても素晴らしいスタッフで固められてますよ。