小田和正の言葉にできない

スポンサードリンク

小田和正の言葉にできないのお役立ち情報です。

小田和正の言葉にできないについて、小田和正は、かつて、オフコースで活躍していましたが、ソロになってからも、素敵な曲を歌っていますね。そんな、小田和正の言葉にできないの魅力などを紹介しますよ!

小田和正は、高校時代、とても優秀で、勉強ができる人でした。千葉大学医学部へ進学しようと毎日勉強していたそうです。そんなある日、千葉大学へ視察に行ったところ、とても暗いイメージがあったとのことで、東北大学工学部建築学科へ入学して、その後は、早稲田大学大学院理工学研究科で、建築学専攻を学んでいます。「修士サマ」なのです。


とあるコンテストで最優秀歌唱賞を受賞したのがきっかけで、オフコースの全盛時代へとつながったのでした。一番、名曲とされる「言葉にできない」は、アルバム『over』からのシングルカット曲で、日本武道館と東京ドームで、小田和正が涙で声を詰まらせてしまい、歌えなくなった光景は、オフコース、小田和正の最も最盛期でした。この光景を見て、日本中の女性ファンが、どれだけ心を打ったことか・・・。私は、この時の様子を、後で、テレビで見ましたが、「言葉にできない」という名曲が、まさに、伝わってきました。実は、このとき、すでにオフコースが解散のうわさがあったのです。まさに「言葉にできない」状態でした。そんな状況を、日本中のファンは、すでに知っています。熱狂的なファンの一人がこのコンサートへ行くことができずに、涙を流して悔しがっていましたね。今でも、あの当時のことは、はっきりと蘇ります。すごく、インパクトありましたからね。

実は、私、小田和正に似ているとよく言われます。悪い気はしませんが、自分では、そんなふうには思っていなかったので、ちょっと驚きです。自分としては、ブルース・リーに似ていると思っていました。ということは、小田和正も、ブルース・リーに似ていると言うことですよね。貴方は、どう思いますか。言われてみれば、なんとなく似ていると思いますね。

そんな小田和正ですが、熱狂的な人気があった、最盛期に、あまり、小田和正を受け入れない派がいたことも事実です。その代表的な人が、タモリさんでした。タモリさんは、小田和正の悪口をずっと言っていまして、小田和正を毛嫌いしていました。小田和正は、とても個性的な性格で、顔は、均整の取れた顔をしているので、女性の人気はもともとあります。しかし、性格で、話をするということが、苦手なのですね。そのため、テレビやラジオで生出演すると、本当に、言葉にならないのですね。

かつて、オールナイトニッポンでサザンオールスターズの桑田圭介が、ゲストに小田和正を呼んだところ、会話にならなくて、本当に困っていました。このような性格なため、小田和正を受け入れない派が結構いました。しかし、女性は、違います。そんな無口な魅力がたまらないのですね。母性本能がくすぐられるようです。しかし、そんな犬猿の仲だったタモリさんも、笑っていいともで、ゲストに小田和正が来たときに、世紀の仲直りを生放送で行ないました。二人ががっちりと握手をしている光景は、とても印象に深いですね。


そんな小田和正がソロで独立した背景には、やはり、オフコースの人気は、小田和正の人気なのですね。メンバーは、あまり面白くありませんし、いつまでも売れ続けるという、補償は全くありません。今まで、長くグループを組んでいても、必ず、解散しています。これは、宿命なのです。芸能プロダクション側としても、売れなくなったグループを社員として雇っておくわけには行きません。会社は、給料を出している以上、稼いででもらわなければ、困るのですね。売れなくなる兆しがあれば、消えてなくなる前に、売れている人だけをソロで残して解散させるというのは、どこの会社でも行なっています。


小田和正・・確かに、コンサートを企画しても、会場がガラガラでは、赤字です。人気が無くなって、惨めに解散するより、人気のあるうちにかっこよく解散したほうが惜しまれて、ファンの気を保存できるものです。しかし、保存しても、保存期限があります。落ちぶれて、売れなくなって、あるとき新聞の片隅に犯罪者として掲載されるのはよくあるパターンですね。でも、小田和正は違います。確固たる信念があり、不動の人気、実力があります。そんな魅力いっぱいの小田和正をこれからも応援しましょう。言葉にならないくらいに、素敵な、そんな、小田和正を。ね。