気象庁 天気 予報

スポンサードリンク

気象庁 天気 予報のお役立ち情報です。

気象庁 天気 予報は気象庁 天気 予報でどうするか、悩みますよね。アメダスによる天気予報が最近では、高い確率で、天気予報が的中しています。そんな、気象庁 天気 予報などを紹介しますよ!

気象庁の天気予報は、年を経るごとに、その精度が高くなってきました。30年前は、気象庁の天気予報は、外れて当然でした。「明日は雨になります」と言っていて、快晴になるなんてことは日常茶飯事でしたね。


さすがに、国の機関ですから、それなりの信用がないといけません。そこで、天気予報に関して、研究が本格的になりました。アメダスは、国内でおよそ1,300ヵ所に設置されてまして、アメダス観測所となっています。アメダス観測所では、天気予報のほかに、地震、津波情報についての情報を収集、分析しています。。

気象予報士という資格が近年出来まして、結構、難関のようです。この気象予報士ですが、ごレマで、14歳の中学生が合格する事件がありました。最年少記録です。気象庁ホームページが充実してきました。10年前は、ホームページ自体がこれほど普及していませんでした。したがって、天気予報を調べるには、正午のテレビニュースを注意深く聞くといった作業がありましたが、インターネットが急速に普及した今、リアルタイムでの天気予報が確認できます。

桜前線の観測は、全国の主要なポイントに観測所があり、情報を収集しています。「気象衛星ひまわり」が天気予報の肝になっていますが、しかし、高い確率で的中するにしても、外れることもあります。最近では、2006年2月18日に、ひまわり7号が種子島宇宙センターから打ち上げられています。

富士山レーダーというのが設けられましたがこれは、これまでの災害の教訓から、事前に予測することの重要性から、設置されたものです。富士山レーダーは、これからの天気予報に、とても重要な役割があります。


天気予報で悩むのが、登山の計画です。日程を決めるのはいいのですが、天候が悪いと遭難の危険性があります。このような、大きめな登山をするときは、過去の同月日の天候のデーターぐらいは、調べておきましょう。日程を決めるのは、人間の都合ではなくて、天候の都合で決める必要があります。天気予報を調査しても、山の天候は、短時間で急変することがあたりまえの状況なのです。


気象庁 天気 予報・・・山の天候は、それだけ不安定であり、これまでに、多くの犠牲者を出しています。毎年山で犠牲者が出ているにもかかわらず、どうして、安易な気持ちで入山するのでしょうか。とりあえずは、天気予報だけは、確認してほしいですね。あと、今の時代は、携帯電話と、太陽光ソーラー式の充電器です。この2点は、山へ入山する際の、必携アイテムにしてほしいですね。