将棋の戦法

スポンサードリンク

将棋の戦法のお役立ち情報です。

将棋の戦法を紹介いたします。こんなにたくさんの種類の方法があります。本当に驚きです。そんな、将棋の戦法などを紹介しますよ!

将棋の戦法で有効な戦法に四間飛車戦法があります。四間飛車戦法は、対戦するとわかるのですが、相手にとって、戦いにくいのですね。なぜ、戦いにくいかと言いますと、通常は居飛車戦法です。四間飛車戦法は、通常、あまり、慣れていません。これは、上級者になっても同じことなのです。


将棋の戦法は、色々ありますが、四間飛車戦法というのは、振り飛車です。この中でも。もっとも攻守にバランスが良いため、振り飛車と普通に言えば、この、四間飛車を指すと言っても過言ではないほど多く指されるのです。四間飛車の得意な人は、将棋を知っている人です。将棋の本質的な部分をよく知っている人にしかさせないでしょうね。

将棋の戦法は、色々ありますが、四間飛車戦法というのは、振り飛車です。この中でも。もっとも攻守にバランスが良いため、振り飛車と普通に言えば、この、四間飛車を指すと言っても過言ではないほど多く指されるのです。四間飛車の得意な人は、将棋を知っている人です。将棋の本質的な部分をよく知っている人にしかさせないでしょうね。

四間飛車と似た戦法に、三間飛車戦法があります。この戦法はあまりやる人はいません。升田幸三プロは、この三間飛車戦法を得意にしています。

三間飛車戦法は、奇襲戦法の一つなのです。中飛車戦法は、居飛車戦法に次いで良くさされる戦法です。

中飛車戦法は、相手が中飛車戦法で来た場合、自分も中飛車戦法にしないと受け身が不利になります。実は、中飛車戦法は、将棋を覚えたての頃に、何となく最初にやる戦法でして、これは有級位者向けの奇襲戦法と言えるのですね。


将棋盤の、ちょうど中央に飛車を振りまして、それから、どんどんと、銀を出して攻めます。相手が受け間違えた場合のみ、中が突破されて、成功しますが、普通は、しょっぱなで、出足を止められしまいまして、不利となる場合が多いのですね。向かい飛車戦法は、居飛車の突いてきたところの8筋の歩を逆用しようという趣旨であるから、これはもう、ある意味、とても積極的な「振り飛車」であるといえますね。


向かい飛車には、阪田流向かい飛車と言う必殺技があります。矢倉戦法は、対戦相手のお互い同志が、この矢倉に囲って居飛車で戦うという戦法を「矢倉戦法」と言いまして、昔から、将棋の主流戦法の一つであるのです。奇襲戦法には、鬼殺し(おにごろし)、アヒル、角頭歩戦法(かくとうふせんぽう)、筋違い角(すじちがいかく)、鳥刺し(とりざし)、かまいたち・・などユニークな戦法があります。どれも、なかなかの戦法です。将棋の戦法・・・角換わり戦法、陽動振り飛車、相振り飛車戦法、横歩取り戦法、相掛かり戦法、ひねり飛車戦法、居飛車急戦(対振り飛車)、居飛車持久戦(対振り飛車)居飛車急戦持久戦両用(対振り飛車)、右玉(みぎぎょく)、雁木(がんぎ)、カニカニ銀(かにかにぎん)、原始棒銀(げんしぼうぎん)、袖飛車(そでびしゃ)なんかも有効ですね。