中谷 美紀 画像♪

スポンサードリンク

中谷 美紀 画像を紹介いたします。松嶋菜々子と仲が良いのです。中谷 美紀は、ブログや壁紙でもでも人気がありますね。そんな、中谷 美紀 画像などを紹介しますよ!

中谷 美紀 画像について

中谷 美紀は、「ケイゾク」で主演、熱演しました。"ケイゾク"=「継続」と呼ばれる、迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課に配属された、東大卒のキャリア警察官僚「柴田純」と、刑事「真山徹」が難事件を解決していくミステリードラマです。私は、このドラマ、毎回見てました。映画になった時も、興味深く見ました。このシリーズ前半は、持ち込まれる事件を、解決する刑事物としてオーソドックスな一話完結のスタイルを採りつつも、シリーズ後半に向けての、「伏線」を少しずつ散りばめていくのです。だから、次の期待が持てるのですね。

スポンサードリンク

「ケイゾク」・・真山と快楽殺人犯「朝倉」

そして、シリーズ後半から真山と快楽殺人犯「朝倉」の因縁を巡る物語を展開させるという、一風変わった構成を成しているのです。これは、これまでの刑事ドラマと比べますと、無機質で暗鬱とした雰囲気を醸し出しておりまして、淡々と事件を解決していくスタイルは、新鮮さと特異性に溢れています。

「ケイゾク」とは

警察の実情とはだいぶ異なる設定が多いのです。タイトルの「ケイゾク」は「現在も"継続"捜査中である」という事に由来しているのです。これは、いわゆる、行政用語ですね。捜査一課弐係中谷美紀の役は、「柴田 純」24歳で警部補、東大卒のキャリア組、研修として弐係に配属され、父親(養父)は難事件を幾つも解決してきた実績を持つ、「柴田純一郎参事官」であり、父の殉職後に、その遺志を継ぐべくして、警察を目指します。

実は、小さいころから父親が家に持ち帰ってくる捜査資料を読み、娘が、事件を解決していたのです。服装はダサく、風呂に数日入らなくても平気で、何処でも寝ることが出来るのです。そのため頭が臭いんです。おっとりとした性格ですが、マイペースかつネジが外れた所も多々ありまして、官能小説をバスの中で大声で朗読するほど??。

「あのー、犯人わかっちゃったんですけど」

だが、冴え渡るひらめきとか、論理的思考力で数々の継続事件を解決していく設定です。決め台詞は、あの有名な、「あのー、犯人わかっちゃったんですけど」ですね。なお、特別編では、八王子西署署長、映画版では、捜査一課弐係係長に出世しています。「太陽にほえろ!」で松田優作演じるジーパンの本名と同姓同名であり?そのオマージュでありまして、劇中に殉職シーンと思われるような所をテレビで見ていたり、自分が刺された時にも台詞を引用しているというユニークな作品です。

「東恵子」とユニット「KEY WEST CLUB」を結成

中谷 美紀は、「桜っ子クラブ」の「となりのマブ子ちゃん大賞」でグランプリ獲得しました。「東恵子」とユニット「KEY WEST CLUB」を結成。「お誂え向きのDestiny」で歌手デビューしました。「桜っ子クラブさくら組」のメンバーとして活躍してました。シングルCD「あなたがわからない」でソロデビュー。その後、音楽活動を停止しました。ドラマ「ひとつ屋根の下」で女優としてデビューしまして、様々なTVドラマ・映画に出演しています。

中谷 美紀の単行本「ないものねだり」

中谷 美紀は、日本石油のCM出演で、何と、全国的に顔が知られるようになりました。「ケイゾク」にてドラマ初主演しまして、カルト的な人気を博し、中谷 美紀の代表作になりました。この作品の成功により、主演女優としての不動地位を確立したのです。以後、テレビドラマで活躍したあとに、活動の拠点を映画に移しています。女性誌ananに初の連載エッセイ「男子禁制!?」を執筆しました。これを編集・まとめたものが単行本「ないものねだり」として発売されています。

中谷 美紀 映画「電車男」でエルメス役を熱演

中谷 美紀 画像・・・映画「電車男」でエルメス役を熱演しました。「電車男」の中に「エルメスは中谷美紀に似ている」という部分がありまして、実際にエルメス役を演じることになったのです。中谷の出演歴中でも珍しい、いわゆる「純愛物」といえる本作は、当初の予想を大幅に上回るロングヒットとなったのです。「嫌われ松子の一生」の松子役で最優秀主演女優賞を受賞、多数の映画賞を総なめにしました。