イオンカード♪

スポンサードリンク

イオンカードを紹介いたします。イオンカードの主な特徴は、ジャスコ、マックスバリュ、サティ、ビブレなどなど、その他、イオングループの店舗で、感謝デーで、5%引になります。そんな、イオンカードなどを紹介しますよ!

イオンカードについて

対象となるクレジットカードが決められています。☆イオンカード☆イオンゴールドカード☆イオンコーポレートカード☆イオン カルフールカード☆イオンサンデーカード☆サティ・ビブレカード☆サティカード☆イオン郵貯共用カード☆イオン銀行一体型カード☆イオンMLBカード☆イオンSuicaカード☆イオンJMBカード☆名城イオンカード☆イオンセプコカード☆三菱商事石油イオンカード☆イオンスマートペイカード☆イオンETCカード☆イオンルネサンスカード。

スポンサードリンク

イオンカードのゴールドカード

ゴールドカード・・・あまり公表されていないのですが、ゴールドカードも発行されていまして、個人向けのカードであるイオンカードと法人向けのカードであるイオンコーポレートカードにそれぞれゴールドカードが存在するのです。

「イオンカード」とは

提携カードにはゴールドカードは存在しません。個人向けのゴールドカードは、イオンゴールドカードの名称で発行されていますね。

これは、イオンゴールドカード特約にある、"当社の定める期間内"とは1年であり、"当社所定の一定金額"とは100万円の意味ですね。

年会費はイオンカードと同じく無料

一般的なゴールドカードにありがちな年齢や年収などの条件は設けられておりません。また、年会費はイオンカードと同じく無料です。一部のジャスコに設置されている「イオンラウンジ」を利用する事が出来まして、また、高額な限度枠と海外旅行傷害保険などが付帯されるのです。このほか、羽田空港エアポートラウンジサービスが利用可能となっています。

イオンゴールドカード

今後は、他の空港とも提携予定であるのです。従来、一般個人向けに発行されるイオンゴールドカードは、VISA/Mastercard/JCB全てにおいては、エアポートラウンジサービスは利用対象外でした。法人向けに発行されるゴールドカードのみ利用可能でした。日本での発行開始以降、海外でも、イオンゴールドカードが発行されるようになったのですね。現在、発行国は、日本、香港、マレーシア、タイ、の4ヶ国です。

エヌ・ティ・ティ・ドコモのiDに対応「イオンiD」

イオンiDとは、「イオンiD」の名称で株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモのiDに対応しているのです。国際ブランドの付いていないクレジットカードは除かれます。申込は、親カードと同時に申し込むか、既に対応しているクレジットカードの会員である場合は、携帯電話、ホームページからの申込のみ受付対応するようです。

対応しているクレジットカード

イオンカード・・・対応しているクレジットカードはこちらです。☆イオンカードiD☆イオンカード☆イオンJMBカード☆イオンSuicaカード☆イオンETCカード☆イオンゴールドカード☆イオン郵貯共用カード☆名城イオンカード☆タルボットイオンカード☆緑の募金イオンカード☆イオンサンデーカード☆イオンカルフールカード☆サティ・ビブレカード☆サティカード☆スポーツオーソリティiD☆スポーツオーソリティカード