にきびの薬

スポンサードリンク

にきびの薬のお役立ち情報です。

にきびの薬を紹介いたします。にきびの薬に、一番効果のある、にきびの治療は、ズバリ「どくだみ」です。そんな、にきびの薬などを紹介しますよ!

にきびの治療は、ズバリ「どくだみ」です。なんか、いきなりネタばらしちゃって恥ずかしいのですが、でも、にきび治療の特効薬は、「どくだみ」なのです。これは、私が、実際に実践した結果ですので、絶対的な保証版です。


私は、中学生になって、顔中にきびだらけになってしまいました。痒くて痒くて、にきびをつぶしては痒いところをかいてしまい、腫れ上がって膿んできたりとかして、とてもまともに顔を見られませんでした。それほどひどい状態になってしまいました。あんな顔で良く学校へ行っていたものです。あまりにもにきびがひどいため、祖母がにきび治療について話してくれました。祖母が言うには、昔から、にきび治療には、「どくだみ」が特効薬とされていたことを、切々と、語ってくれました。

そして、近所の家からどくだみの干したものをもらってきてくれたのです。早速、お湯に煎じて飲みました。毎日、朝起きたら、どくだみの干したのを少しずつお湯で煮込んで、さめたのを飲み始めました。

すると、3日もすると、驚くほどににきびが改善されたのです。

思春期ですから、異性の視線が必要以上にとても気になる時期です。にきびがひどくなってからは、鏡で自分の顔を見るのもいやになっていたときに、たった、3日間で、すっかり改善されたため、このときの喜びは、とても、とても、天にものぼるようでした。

たった3日間でとても改善したので、それからは、「どくだみ」が私にとって、必需品となりました。それから、どくだみを煎じて飲み始めて、みるみると、顔がきれいになって行くのです。一ヶ月も経つと、にきびは、ほとんど消えて、きれいな顔になったのです。それから、どくだみ煎じ汁をしばらく飲み忘れると、少しにきびができるので、そんなときは、また、にきび治療にどくだみ煎じ汁を飲むのです。すると、直ぐに効果があります。

どくだみには、体の中の老廃物を排出させる働きがあります。これは、本当でした。私が生き証人です。こうして、私は、にきびに悩むことなく、有意義な中学生生活を送ることができ、異性からもちょっとした隠れた人気が出てきました。学年を超えて好かれたりもして、今思えば、全てが、どくだみのおかげです。それから、高校に入って、きれいな顔で入学したら、クラスの異性からモテモテの存在にまでなってしまい、その中の一人と大恋愛までしてしまいました。でも、1ヶ月ちょっとで大恋愛は終わっちゃいましたけど、高校2年生になると、一学年違いの異性のグループの「あこがれの的」存在になり、その中の一人と高校卒業まで付き合いました。

卒業式が終わった日にその人と一緒に帰っていき、途中で帰る方向が違うのでそのときはそこで分かれました。しばらく一人で歩いていると、「すいませ〜ん」という声を聴きました。振り返ると、なんと、違う異性のグループに囲まれて、「記念に写真を撮らせてください」といわれて、一緒に、記念写真を撮影、第二ボタンを渡して、握手しました。と、まぁ、にきび治療の「どくだみ」効果で生涯忘れられない、最高の学生生活を送ることができました。


とっておきのにきび治療の「どくだみ煎じ汁」の作り方


にきび治療には、「どくだみ」です。ここで、とっておきの、にきび治療の「どくだみ煎じ汁」の作り方、方法をで伝授させていただきます。それは、「どくだみを、生のまま、煎じて汁を飲む方法」です。これは、強烈です。苦くて飲むときに大変ですが、食事の前に飲むのです。この効果は、超ロケットスタート級の効果があります。簡単です。どくだみを採ってきて、洗って、鍋にお湯を入れて、どくだみを煮ればでき上がりです。いっぺんに飲むのではなく、冷まして、あとは、冷蔵庫で数日は保存が利きます。にきびの治療には、「どくだみ」ですね。