夜行 バス 大阪

スポンサードリンク

夜行 バス 大阪のお役立ち情報です。

夜行 バス 大阪を紹介いたします。夜行バスの大阪コースが定着して、6年になりました。そんな、夜行 バス 大阪などを紹介しますよ!

夜行のバスの大阪便は、全国から色々なコースがあります。有名なのは、近鉄あべの橋駅での発着です。近鉄あべの橋駅のバス停は、全国の色々なコースの拠点であるために、バスがひっきりなしに発着しています。


夜行バス大阪便の共通している点は、その快適性にあります。通常のバスのシートではないのです。一人一人の座席が別々に配置されておりまして、全席リクライニング可能な使用になっています。また、各座席には、毛布が一いまいずつ用意されており、床は、靴を脱いで座席下に収納できる使用になっており、スリッパが用意されています。

バスの中に、トイレがありますので、トイレの心配もありません。飲み物もお茶や清涼飲料水が用意されておりとても快適に過ごせますね。バスの中では、飲食が自由になっていますので、食料品等を事前に購入して用意しておけば、本当に快適です。

なお、深夜、0時から4時ぐらいの間は、コースの中で、決められた場所のサービスエリアの駐車場で運転手さんの「仮眠タイム」があります。この時は、エンジンはかかっていますが、運転手さんは、外へ出て、「バスの中の地下室」で仮眠します。

おそらく誰も見たことがないと思いますが、バスの下に、そのような、「秘密の部屋」があるのですね。この時間帯は、バスに鍵が掛けられ、外出禁止です。各座席には、小さいスポットライトがそれぞれ装備されており、手元を照らしたり、「読書」等もできるようになっています。

このように、普通のバスとは、違うのですね。あくまでも、「利便性」「快適性」を最重要視しているのです。夜行のバスの大阪ルートは、東北便、信越便などは、とてもお得です。新幹線を使えば、5万円くらい用意しないと行かれないでしょうね。でも、夜行のバスの大阪便を使えば、恐ろしく安価な値段で往復できます。

一点だけ気をつけたいのが、「睡眠」です。床が違うとなかなか眠れない方もいますし、リクライニングできるといっても、座席は、一人、一座席ずつですから、ベッドや敷布団と違い、はっきり言って、窮屈です。眠っても、「仮眠」状態です。4時にバスが出発するときは、たいていの人が、一旦は起きちゃいます。夜は、12時頃までは、車内に照明があるのでなかなか眠れないのです。12時過ぎて眠れたと思えば、早朝に起こされます。確か6時頃、窓のカーテンを開ける人がいて、車内が明るくなるのです。こうなれば、もう眠れませんね。


夜行バスの大阪コースを利用する際の必需品


夜行 バス 大阪・・・夜行バスの大阪コースを利用する際の必需品は、@食料品(ビール等飲み物もお忘れなく)A仮眠用アイマスクB仮眠用耳栓C上着(寒い時用)D特定の薬等使用している人はその特定の薬等。大体以上の5点が揃っていれば、安心です。夜行バスの大阪便を上手に利用しましょう。