さつまいも

スポンサードリンク

さつまいものお役立ち情報です。

さつまいもを紹介いたします。さつまいもは、比較的やせた土壌でも生育ができるため、かなりの昔から、貴重な食糧源とされてきました。そんな、さつまいもなどを紹介しますよ!

江戸時代に度重なる飢饉では、生命を維持するための最高なツールでもありました。私たちが、今、ここに存在しているのは、ご先祖様がさつまいもを上手に食べてきたためといっても過言ではありません。さつまいもは、その豊富なでんぷんが、食糧が無いときのご飯代わりとされてきました。


戦争時の食糧難の際には、さつまいもがとても貴重な食糧であったという話は、良くテレビや本等で紹介されていますので、聞いたことのある人が多いと思います。戦争時、食べるものが無くて、ご飯なんて食べられないし、さつまいもが食べられれば、生きていけた・・・そんな時代もありました。さつまいもは、鹿児島県が、日本一の生産地であります。

さつまいもの歴史をひもときますと、さつまいもは、沖縄県に一番最初に育成されました。その後、日本中に広がったわけですが、現在では、「芋焼酎」や、子供のお菓子としての加工品として、広く流通しています。

天ぷらにして食べる方法は、一般的です。子供や女性に人気の「干し芋」は、なかなかの味です。大学イモにすると、成長盛りの子供たちには、大好物でもあります。芋焼酎ですが、ちょっと、さつまいもの匂いがきついので、好き嫌いがあります。芋焼酎を飲むと、息まで、「さつまいも」の匂いがします。あっさり系を好まれる方には、向いていないかもしれませんが、飲み始めるとさつまいもの風味を楽しめて、病み付きになる方もいらっしゃいます。

さつまいもで特筆すべきことは、何といっても「石焼き芋」でしょう。秋の風物詩でもあり、女性は、大好物です。実は、このさつまいもは、ダイエットや便秘改善に効果があります。さつまいもには、植物繊維やビタミンC等が豊富に含まれています。

さつまいもの魅力は、「甘さ」ですね。焼き芋にしたり、蒸かし芋にすると、さつまいもの甘さが増します。一口食べ始めた甘さは、また、格別です。さつまいもは、でんぷんが豊富に含んでいまして、私たちが良く食べる、「春雨」の原料でもあります。このことはあまり知られてはいませんが、さつまいもは、このような食品として、私たちの生活の中に必要不可欠な食品であります。

さて、このさつまいもですが、誰もがイメージできる光景があります。それは、芋掘りです。さつまいもの芋掘りは、とても楽しいのです。理由は、「いもづる式」にあります。実は、私もかつて、自分の畑でサツマイモを栽培していまして、芋掘りをしたことがありました。「つる」で全てのさつまいもがつながっているのです。子供も大喜びで、芋掘りをしていました。


さつまいもの芋掘りを観光スポットにしている観光農園


さつまいも・・・さつまいもの芋掘りを観光スポットにしている観光農園なども存在します。健康に良いさつまいもをたくさん食べて、幸せになりましょう。そして、後世に、この、さつまいもという文化を継承していく義務が私たちにはあります。