たくあん

スポンサードリンク

たくあんのお役立ち情報です。

たくあんの漬物の作り方には、ちょっとしたコツがあります。たくあんを漬ける時には、「できるだけ早く水を上げることです」これが長持ちさせるコツです。水を早めに上げる方法で重要なのは、「ぬかの分量」です。

ぬかを多く入れると、水が上がりません。特に、大根が小さい時は、注意が必要です。ぬかの分量は、なるべく少なくしましょう。たくあんの漬け方で、次に重要なのは、「塩加減」です。漬物の基本は、「塩は3%」です。これを誤るとしょっぱくて食べられなくなったり、長持ちしなくなったりしてしまいます。大根の重さは正確に量りましょう。


漬物の中で、最も、食卓に並ぶ事の多いたくあんは、「つけものの王様」です。たくあんは、レストランを始めとして、高級料亭でも欠かせない、日本の伝統的な食品の一つになっていますね。

先ず、大根の種をまいて、芽が大きくなってきたところで、「間引き」を行ないます。2回も草むしりすれば、時期的に草はあまり増えません。ある程度は、自然に育つものです。 大根が大きくなって収穫したら、葉を切り、良く洗い、干します。少しやわらかくなったら漬け込みます。ぬかと大根、唐辛子、柿の皮、お好みで、煮干や昆布、醤油を入れます。

重石は、水が上がるまで、一番重い石を乗せておきます。早ければ、翌日には水が上がってきます。水が大根より上まで来たところで、重石を少し軽くします。あとは、漬かるまで日にちを置きます。たくあんは、桶の一番下から取り出しましょう。桶の底の方が、良く漬かっています。たくあんの着色についてですが、黄色くするときれいに見えるので、ほどほどに着色しても良いですが、白い色のままのたくあんも、また、違う色で、きれいです。私は、着色しないでたくあんを漬けています。基本的には、味は同じです。


たくあん・・・たくあんのレシピは、普通に漬物を切って、食事のおかずの一品や、お茶請け、晩酌のつまみなども良いですが、たくあんは、塩分がありますので、食べる量は、ほどほどにしましょう。あまり知られていないたくあんレシピに「たくあんの煮物」があります。良く「たくあんの煮たの」とか言われることがありますが、実際に食べてみると、私たちも、普段からなじみの深い味であります。お弁当屋さんのお弁当の隅に小さめに切ってあるたくあんです。これは、自宅で取り組んでみると結構、楽しいですよ。 自分だけの、オリジナルなたくあんレシピを作ってみましょう。